虫歯になりにくい食べ物・お菓子の記事をアップしました!(9/2)

【家計への影響は?】予防歯科その1:フッ素塗布

こんにちは、U子です!
前回から引き続きフッ素ネタになりますが、フッ素を調べていて思ったことが一つ…

予防の大切さ!

むし歯になってから歯科医院に行くのは遅いのです。
だから、むし歯にならないために予防する。
定期健診を受ける。
そんな基本中の基本…

 

できていなかった…!(スマン、娘たち…)

「むし歯があるわけじゃないし、まぁいっか」で後回ししてきた自分の歯と娘の歯。
おしゃぶり事件からテキトーになってしまっていた…これはイカン(遺憾!)!
小さなお子様をお持ちのママさんたちは絶対にやって欲しい「予防歯科」。

※いや、きっと皆さんやってるんだろうけども(笑)

 

予防歯科その1:フッ素塗布

・虫歯菌が酸を作るのを抑制する
・歯の再石灰化を促す
・歯を硬く溶けにくく強化する

そんな効果があるフッ素を受けるのは手軽に始められる予防の1つですね。
フッ素については色んな情報がありますが、今回は受ける場合のお話しを進めたいと思います。

市町村で行われている「フッ素塗布事業」に申込もう!

無償で受けれる市町村もあれば、費用がかかる市町村もあるようですが、1回につき100円~300円と気軽に申し込めるので是非とも受けたいですね。
※ちなみにうちは一度も市町村のフッ素塗布を受けたことありません…

歯科医院でも受けられる「フッ素塗布」

小児歯科がある医院なら高確率でフッ素塗布が受けられます。
保険適用で100円~受けられる医院もあれば、医療券持参で無償で受けれられる医院もあるようです。
保険適用外(自費診療)であっても、300円と安い価格帯の医院もありました。
調査の結果では比較的高い医院でも3,000円ほど。

口内の状態により差はありますが、だいたい1年に2~4回のフッ素の塗布を継続することで、高確率での虫歯予防が期待できると言われているそうです。
週に1回とかだと負担になりがちですが、1年に2~4回ならば家計へのダメージはそこまで大きくなさそうで安心ですね♪

フッ素塗布は予防歯科の1つに過ぎません。
合わないお子様もいるかと思いますので、今通っている歯科医院にまずは相談してお子さんに合う予防歯科プランを見つけたいですね。

 

それにしても…

口内問題がチラホラ出てきているので(涙)

近々、私自身の治療レポが始まるかもしれません…(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です