虫歯になりにくい食べ物・お菓子の記事をアップしました!(9/2)

貧乏なら歯を磨け!老後資金を食い潰すインプラント費用がヤバイ!

歯を失うとお金も失う

コーラとスイーツ三昧で虫歯不可避! 甘い物大好きなナイトです。

ナイトさん

最近は歯に関する情報に敏感なのですが、歯は自分では治療できないので、歯科医に言われるがまま、任せっきりになりがちですよね?

ちょうど筆者の母が、通院中の歯科医から、上顎と下顎の複数の歯に対してインプラントを勧めらている所でして・・・。

いやぁ~見積り額に目玉が飛び出ました。

施術方法や内訳を見せて頂き、セカンドオピニオンを仰いだり、自分で関連書籍を読んだりして、割と適当な額であることが理解できました。

しかし、いかんせん保険適用外ですので、そもそも絶対的な額が高いのです。

もう車が買える金額なわけですよ!

ナイトさん

インプラントのメリット、デメリットなどの是非については色々な本や、情報があるので割愛しますが、基本的には歯と骨を強固に結合する事ができるため、優れた治療方法である事は比較的認知されています。

そこで本記事ではちょっと視点を変えまして・・・ そもそも普段から歯の健康のためにコストをかけてちゃんとケアしたら 結果的にインプラントより安く済むのか!?コレをテーマに試算してみました。

※インプラント以外にも、保険の効く従来の総入れ歯、総入れ歯とインプラントが融合した新しい技術「インプラントオーバーデンチャー」などの方法がありますが、今回は歯の資産価値を再確認してもらうために、あえて全部インプラントにしたらという条件で計算してみました。

インプラント治療にかかる費用はどのくらい?

計算器

まずインプラントのコストですが、地域によって差はあるものの筆者の暮らす東京では、1本あたり平均40万円付近が多そうです。

ぐり子

漠然と高そうなイメージだったけど、40万かあ…
給料吹き飛ぶなあ…

ナイトさん

人生で歯は何本残るものなのか?

歯磨きする口元

言い換えると「人生でどれくいらいの歯を失うのか?」です。

歯の残存数と喪失数の平均

厚生労働省「平成28年歯科疾患実態調査」を参照しました

あれ?私の予想よりも若い人は歯が残っているんものですね!

ナイトさん

といえこのカッコ内の数字は差し歯といった処置歯などを除外した「完全な喪失」を意味しますので、こんなものかもしれません。

ぐり子

歯の根っこさえ残っていれば、差し歯にできるからね!

では、もし喪失した歯を逐次インプラントで補うとするならば 人生でいくら必要なのか?

喪失した歯をすべてインプラントにするとどうなるか?

歯のレントゲン

歯を失った時、部分入れ歯やブリッジなどの選択肢ありますが、噛み応えや審美性などの理由で、インプラントを選ぶ人が増えています。

そこで、上の表に基づいて、喪失した歯をすべてインプラントに置き換えるのにかかる費用を試算してみました。

インプラントの費用(1本あたり40万円)

50歳台…3本インプラント化×40万円=120万円
60歳台…さらに4本インプラント化×40万円=160万円
70歳台…さらに3本インプラント化×40万円=120万円
80歳台…さらに3本インプラント化×40万円=120万円

 

合計 520万円(インプラント数 計13本)

ホラ来た!車が買える金額!ちょっとした外車が買えちゃうよ…

ナイトさん

ぐり子

80代になってインプラントするとか、いろんな意味でシンドイね

インプラントはメンテナンス費用も結構かかる!

インプラントは施術して終わりじゃないんだよねー。なにごともお手入れが大事

ナイトさん

ぐり子

え〜、メンテナンスもお高そうですなあ…

という訳で、メンテナンス費用は人生でいくらかかるのかを、さらに試算してみます。

1本あたり1回8,000円、年2回のメンテナンスで16,000円と仮定し、 男性平均寿命の81歳まで生きるとして試算してみました。

インプラントのメンテナンス費用(生涯)

50歳台…【初インプラント】16,000×31年間×3本=約149万円
60歳台…【追加分】16,000×21年間×4本追加=約134万円
70歳台…【追加分】16,000×11年間×3=約53万円
80歳台…【追加分】16,000×1年間×3=約5万円
合計 341万円
※男性平均寿命の81歳まで存命と仮定

つまり人生において徐々に失われる歯の能力を逐次 インプラントで代替していこうと思うと…

インプラント費用520万円+メンテ費341万円 = 861万円 ざっくり生涯で900万円近くはかかると考えておいたほうが良さそうです。

実際はどこの歯をどのように失うかなどで色々と治療方は異なるようですけどね…。

ぐり子

Oh!タカイデスネー!
実際はこの間にも、さらに通常の虫歯治療などで出費がかさむことが想定されます

ナイトさん

男性平均寿命の81歳まで生きることができるとして、もし50歳の時に 1本インプラント化したら1本であっても、試算上は手術とメンテで生涯では約90万円のコストがかかるという事です。

便利なデンタルローンも安易に使うと破綻する!?

悲しむ老人

もし安易にデンタルローンなどで分割払いで契約すると払い終わるよりも先に別の歯のインプラントで別途ローン契約をする事態となる可能性もありますね。

加齢による衰えなどから色々と他の問題を抱える事にもなるので出費は増えていくはずです。

こうなるとローンが支払えず最悪、自己破産なんて事もありえるかもしれません。

これが恐怖のデンタル破産でっせ

ナイトさん

今生えている自分の歯がいかに貴重であるかという事がわかります。

いくら高価なインプラントであっても神経の通った本物の歯には決して敵わないのですから!

もし仮に自身の永久歯に値段をつけるなら?

不動産

上記の試算にて、50歳~81歳までの31年間で、インプラント治療1本あたりのコストは90万である事が判りました。

永久歯が概ね生えそろう12歳から平均寿命の81歳までの69年間なら、 400,000円+ (16,000×69年)で1本あたり150万円という事になります。

歯は親知らずを除き、全部で28本なので、上記のインプラント観点から試算結果に基いて考えると、最低でも4,211万円分の見込み価値がある事になります。

ぐり子

凄い!!もはや不動産レベルの価値だ
数百万円程度の愛車を、せこせこと洗車している場合ではありませんな

ナイトさん

しかしながら、神経の繋がった本物の歯となれば、これはいくらお金を積んでも買えないのですから完全にプライスレス!

今ある自前の歯こそしっかり洗って メンテナンスをしてあげなくては! ( ´Д`)=3

ちょっと歯を磨いてきます!

ナイトさん

 今ある歯を大事にするコスト

歯磨きこ

歯の機能をインプラントで代替していくコストがかなりの額である事はわかりました。

そして神経の通った自前の歯がこの上なく大切な存在であるという事も!!

ではそんな大事な自分の歯をしっかりとケアしていく事でかかるコストもざっくり試算してみます。

対象期間は永久歯となる12歳から男性平均寿命の81歳までの69年間(828か月)が対象です。

歯のお手入れコスト

・電動歯ブラシ…15,000円/2年ごとに交換

・替えブラシ…1,000円/3か月ごとに交換

・洗口液…1,000円/1000mlを毎月購入(1日2回、1回 10~20ml使用)

・フロス…500円/50Mを2か月毎に購入(1日1回、0.8m使用)

・キシリトールガム…1,300円/90粒ボトルを毎月購入(1日3粒)

・定期健診(清掃)…3,000円/年2回受診

結果は… 生涯で332万円 !!!!

こちらも生涯でみるとなかなかの金額ですね。

ナイトさん

ぐり子

私、フロスはピック付きじゃないとダメ派だよー
ピック付きの方が割高だから、もっと上がるね。あくまで試算のための条件だから、人によってかなり違ってくるよ

ナイトさん

ぐり子

ちゃんとデンタルケアする事でインプラントに頼らずに済むのであれば安いと思えてきたわ…

インプラント+メンテ費用を歯医者さんに対して「大将!もう一声!」 なーんて値切る事はできませんが、ケア用品であれば銘柄やまとめ買いなど自分で安くするための工夫余地が結構あります!

プライスレスである自前の歯とは到底比較する事はできませんが、これでインプラントを回避できるならば、少なくともお金だけで見れば、 861万円-332万円で約530万円も浮く事になります。(前述のペースで生涯で計13本をインプラント化した場合)

痛くなる前に歯医者にいこう!

診療代

筆者のナイトはずっと「虫歯になってから治療する」という事が多いのですが、今日の記事を書いていく中で、自分で虫歯や歯周病にならないための努力や情報収集が絶対必要であるという事を再認識しました。

特に日本の場合は健康保険の構造上、虫歯にならないと保険適用とならないケースも多いため、ちょっと気になる程度で歯科医院に行っても「とあえず様子を見ましょう」 なんて言われ続け…

気が付くと…「キュイーン!ガリガリー!」→「様子見ましょう」→「スッポン♪」 なんてドリルからの抜歯という一連のコンボになりがちです(笑)

ぐり子

それ、まさに私です…

歯医者さんも聖人君主ではないですし、慈善事業でもありません。

今やコンビニの店舗数よりも多い、激しい競争の世界で戦う経営者なのです。

当然経営のためにお金だって名誉だって実績だって必要なのです!

信頼のおける歯医者さんをさがそう!

歯医者さん

先生だからといって言われた通りの治療を受けて言われた金額の治療費を払ってただ帰る…その上、今日自分が何をされたのすら家族に説明できない…これではあまりにも残念です。

歯の健康と価値を守るためにも自分でもちゃんと知識を得る様にしましょう!本、論文、ネット・・・色々と手段はあります!

また疑問点や相談事項、懸念事項があれば変に先生に萎縮せず、しっかり確認しましょう。

もしも 「あんた素人なんだからどうせ説明してもわかんないでしょ?」 という態度だったなら…歯の価値を守るためにも、別の歯医者さんに変えてみるのもアリですよ。

歯のオーナーは自分自身であり、自身の歯にはそれだけの価値があるのです。納得もできないのにあえて依頼をする義理も理由もないですからね!

セルフメディケーションの時代を賢く生きろ!

いや〜、長くなりましたが、本日のまとめ!

ナイトさん

・歯の能力をインプラントで逐次代替していくコストは生涯で約900万円(試算)

・定期健診やフロス等歯の健康を維持するためのコストは生涯で約332万円(試算)

・インプラントに頼る事なく健康な歯を残せれば生涯で約530万円の節約(試算)

・自前の歯の価値はプライスレス! あえて値段をつけるなら4,211万円以上の価値!

・自身の歯の事は歯科医に任せっきりにするのではなく自らも知識を得るようしよう!

ぐり子

長い記事を最後まで読んでくれてありがとうございました!
さあ、早速検診の予約をしましょう!

ナイトさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です